人生で最大のお買い物!家づくりにおける豆知識と基本情報をご紹介します!

このサイトでは、多くの方が夢に描いているマイホームを購入するための豆知識と基本情報を紹介していきます。
家を購入するとくことは、人生で最大のお買い物とも喩えられることは多くの方がご存知でしょう。
高額な費用を必要とするため、決して後悔しないスタイルで手に入れたいものです。
そのためには、事前にしっかりと知識を蓄えてから家づくりに挑まないといけません。
そのコツについても触れていくので、参考にしていただければ幸いです。

人生で最大のお買い物!家づくりにおける豆知識と基本情報をご紹介します!

家づくりの基本となるのは、各家庭のライフスタイルに見合った住まいをしっかりとイメージすることです。
豆知識としては、実際に家づくりをスタートする前に住宅展示場に足を運んでさまざまな間取り・デザインを目にすることです。
それらを参考にして、どのような間取りなら自分の家族に見合っているのかを考えて設計をしていきましょう。
家づくりの基本は多くの施工例を見て、具体的なイメージを膨らませていくことが大切になります。

アイデアや工夫が一杯詰め込める家づくりなら注文住宅がおすすめです!

多くの方にとって、家族で安心して暮らせるマイホームを持つことが人生の大きな夢と言われることでしょう。
昨今では戸建て住宅が人気を博しており、都心部はもちろんのこと郊外でも新築で建設をなさる方が相次いでいます。
限りなく理想に近い住まいを手に入れるには、要望に見合った施工を実施しないといけません。
それを実現できるのが注文住宅です。
ここでは家づくりで大いに役立つ注文住宅で駆使できるアイデアや工夫をしたい箇所について見ていきます。
家づくりというものは、その空間で暮らす方々にマッチした間取りにすることが大切です。
たとえば幼いお子さんがいる場合、リビングで最初は生活の軸があったとしても、年齢を重ねるごとに子供部屋が必要となります。
ここで可動式パーティションを壁にするアイデアを採用すれば、いつでも個室を用意して立派な子供部屋を作り出すことが可能です。
住む方次第の工夫でいろんなスタイルにできるのが魅力の施工法になります。

住宅ローンや資金調達など緻密な計画性をもって家づくりすることも大事です!

家づくりにおいては間取りや収納など家の内側に注目してしまうことが多いです。
ですが調達できる資金がないと住宅は建てられません。
そのため家づくりを考えた場合、真っ先に資金調達について計画を練ることが必要となります。
家づくりは土地代や建築工事費の他に付帯工事費用や設計料、諸費用がかかってきます。
遠方から引っ越しをする場合はその引っ越し費用もかかりますし、ご近所のつきあいがある地域では挨拶の品が必要です。
注文住宅を建てるにあたっては様々な料金がかかり、あっという間に予算オーバーになるので注意しなくてはなりません。
家づくりにおいては全体の2割から3割程度が自己資金、住宅ローンは7割から8割程度にとどめるのが理想です。
住宅ローンは長期にわたって返済をしていくので、できるだけ自己資金を貯めるのが基本になります。
なおあまりにも自己資金を捻出してしまうと、将来子供の学費がかかるなどライフスタイルに影響が出てしまうことがあるので、気を付けることが大切です。
将来いつどのようなお金が必要になるかを、書き出してみると良いです。

注文住宅建築は立地や土地選びからスタート!オールカスタマイズな家づくりの流れを紹介!

住まいを購入することは一生で最も大きな買い物となります。
それゆえ、失敗や後悔が無いようにすることが大事となるんです。
それにはまずどのような家に住みたいのか、何を重要視する家wお建築したいのか、よく考えてそれを明確にすることが大事です。
そのうえで建て売り住宅を購入するのか、注文住宅を買うの決めていくと良いんです。
注文住宅ならすべての理想や希望を詰め込むことのできるオールカスタマイズな家なので、失敗や後悔が少ないと言えます。
家づくりの流れは、まず土地選びからスタートします。
立地条件や長い人生設計を見据えた立地を選ぶようにしたいものです。
家づくりのツーステップ目は、施工会社選びなのです。
ハウスメーカーにするのか、工務店もしくは建築設計事務所にするかで費用も仕上がりも全く異なってきます。
ハウスメーカーは規格のプランで自由度が低いですが、工務店は多少融通がきき希望の住まいを作ることができます。
建築設計事務所なら完全なカスタマイズの家を建築できてしまうのですが、費用が高くつきます。

注文住宅の家づくりは余裕をもってスケジュールを組むことが大事!建築期間や工程を紹介

自由度の高い家づくりができる注文住宅ですが、いざ建てようとなったところから完成までには長い時間がかかります。
完成までどのような流れで進むのか。
どれくらいの時間がかかるのか。
時期的な希望がある場合は特に、完成までのスケジュールをあらかじめ知っておくことが重要です。
まずは家づくりの前に入念な事前準備が必要です。
住みたい地域や家のデザインをイメージします。
住宅情報誌のチェックやショールームを見学し、どのような家を建てるかのイメージをより具体的にしていくことが必要です。
同時に、家づくりの予算をたて、家を建てる土地とハウスメーカーも探します。
ここまでで1か月から3か月は必要です。
気に入った土地が見つかったら土地の購入を行います。
検討中のハウスメーカーに概算見積を提案してもらい、自身の希望と合うことを確認したら契約をします。
こちらは1週間から1か月はかかります。
その後、ハウスメーカーと住宅の話へと移ります。
間取りや特徴等の希望を伝え、ハウスメーカー側と相談しながら設備や仕様の決定、家の設計へ向けて具体的な話を進めていきます。
2、3か月は必要です。
計画と各種申請が終わった後、工事が始まります。
建物の規模にもよりますが、4か月から6か月の施工期間がかかります。
全体の建築期間は8か月から1年4か月です。
注文住宅を建てる際はここまで時間がかかることを想定して行動する必要があります。

注文住宅の家づくりで大事なポイント①収納や動線、配線に配慮した住まいづくりを目指す

注文住宅での家づくりで大事なポイントとなるのが生活のしやすさです。
自分好みのデザインにこだわりすぎるあまり、暮らしにくいと感じる作りになってしまうと元も子もありません。
家づくりで押さえておきたいのが収納です。
生活をしていると、どうしても物は増えていきます。
お子さんが増えるなどすると、さらに物はどんどん増えていくでしょう。
収納を考えた家づくりを行えば物が増えても家の中がすっきり整頓でき、より暮らしやすい家になります。
また動線にも配慮した住まいづくりをすることも大事です。
人が移動する時の動きを、線で表したもののことを動線と言います。
起きてから寝るまで、また料理を作る・掃除をする・洗濯物を洗って干すといった家事などがより効率的に行えるよう、動きを考えて作られた間取りはストレスフリーな生活を送るポイントとなります。
特に家事を行うことが多い女性の場合は、このポイントを押さえた家づくりをすると負担が減るのでおすすめです。

注文住宅の家づくりで大事なポイント②節電や経費節減などコストマネジメントも大切に

注文住宅の家づくりで大事なポイントですが、自分の理想的な家づくりをしたいと思うあまり、あらゆる希望を出していてはコストに大きく跳ね返ってくることになります。
天井知らずの予算があるという人はまずいないと思われますので、どこかで妥協しなければなりません。
その場合に考えるべき要素としては、自分にとって優先順位の高いものは何かということで、同じ希望ではあっても優先順位の低いものは予算に照らして取りやめるといったことも必要になります。
その際、単純に諦めるということではネガティブな気持ちになってしまい、将来にわたって失敗したと思い続けることになるかもしれず、精神上も良くありません。
そうではなく、節電とか経緯節減など前向きな気持ちを失わずにコストを下げる考えでいるようにしましょう。
決して、お金がないから諦めるのではなく、その節約したお金は家ではなく生活自体を充実させることに使うといった考えであればネガティブになることもありません。

注文住宅の家づくりで大事なポイント③老後に配慮したバリアフリーやユニバーサルデザイン

注文住宅を建てる場合、老後に配慮してバリアフリーやユニバーサルデザインを取り入れてみましょう。
若い時に家づくりをすると、その時の年齢に合わせた間取りやデザインにしてしまうことが多いです。
その時は良くても年齢を重ねてくると、生活しにくいと感じることがあるかもしれません。
そうなってくると老後に住みやすいよう、リフォームが必要となるケースも出てきます。
最初の家づくりの段階で老後でも生活しやすいようなデザインにしておけば、年齢を重ねてからも安心して暮らせるマイホームとなります。
同じようなイメージがある言葉のバリアフリーとユニバーサルデザインですが、前者はハンディキャップをお持ちの方にとっての障害・バリアを取り除いていくことに対してユニバーサルデザインは、誰でも入手できて使用することができる・柔軟に使用することが可能など、年齢問わず誰でも生活できる家づくりを目指しているという違いがあります。
ユニバーサルデザインであれば、様々な年代の方が生活できる家になるのでおすすめです。

注文住宅の家づくりで大事なポイント④震災や天災にも強い2×4工法を取り入れる

日本は地震が多い国でもあります。
そのためしっかりと震災や天災について考え、強い家づくりをしなくてはなりません。
強い家づくりで大切なのは、地盤調査と工法になります。
震災や天災に強い家づくりで注目されているのが2×4工法です。
2×4工法は枠と面などで壁や床、屋根や天井のパネルを組み合わせており、6面体の箱状の構造から家を造る工法を指しています。
床と壁、屋根が一体となっており、さらに6面の箱状の空間を組み合わせて作られているので面で構成されており、揺れにも強い特徴があります。
実際に2×4工法の住宅は地震などに強く、東北地方の地震においても9割の2×4工法の住宅は居住に支障がありませんでした。
額も落ちず揺れがあっても戸がしっかりとしておりびくともしない、お皿も割れなかったという報告もあります。
注文住宅を作る際には、間取りや窓などの大きさは変更できないものの2×4工法を取り入れた方が安心して住むことができます。

注文住宅の家づくりで大事なポイント⑤ローン返済シミュレーションで無理のない返済計画を

注文住宅の家づくりで大事なポイントの一つに、ローン返済を無理なく行えるかどうかが挙げられます。
将来のことはなかなか予測しにくいものの、可能な限りはシミュレーションするなどしてせっかくの家づくりが途中で破綻してしまったなどということがないようにしたいものです。
一般的に言って、住宅ローンの返済は税込み年収の25%程度までが適切とされています。
年収500万円の人であれば125万円ということになります。
ただしこれはあくまで標準的なケースですし、現在はともかく将来的にどの程度の収入が得られるのかを安易に予想することは言うまでもなく危険もあります。
子供の教育資金などまとまったお金が必要になる時期があるのであれば、それも考慮に入れておく必要があるでしょう。
そのような不測の事態に備えて毎月の返済額は十分に支払える無理のない金額にしておき、もし余裕が生じればその際に繰り上げで返済するといった方法もあります。

家づくりに関する情報サイト
生活を彩る家づくり

このサイトでは、多くの方が夢に描いているマイホームを購入するための豆知識と基本情報を紹介していきます。家を購入するとくことは、人生で最大のお買い物とも喩えられることは多くの方がご存知でしょう。高額な費用を必要とするため、決して後悔しないスタイルで手に入れたいものです。そのためには、事前にしっかりと知識を蓄えてから家づくりに挑まないといけません。そのコツについても触れていくので、参考にしていただければ幸いです。

Search